沿革

1963年度(昭和38年)

 京都市立紫竹小学校のサッカークラブとして発足

同クラブを比叡少年蹴球団と命名

 

1964年度(昭和39年)

 日本スポーツ少年団に加盟

 

1968年度(昭和43年)

 保護者会(現OB・父母の会)で後援会規約を設定

 

1976年度(昭和51年)

 OBで組織する社会人チーム比叡蹴球団がサッカー協会に登録

京都社会人リーグに初参加

 

1977年(昭和52年)

 沼津市香貫サッカースポーツ少年団との交流がはじまる

 (以後 隔年に沼津市、京都市で交流)

 

1978年度(昭和53年)

 少年団を母体としたクラブチームでは全国で初めて社会体育優良団体として

文部大臣賞受賞

 

1979年度(昭和54年)

 インドネシアとの国際交流として遠征実施

 

1980年度(昭和55年)

 従来の後援会から 卒団生の父母を含めた 比叡父母の会に組織を変更

 

1984年度(昭和59年)

 北区大宮上ノ岸町35にクラブハウス設置